ピタゴラスイッチと発達障害の子供の生きる力

発達と生きる力を育てる茨城県つくば市の放課後等デイサービス

最近、写真のように色々なところにチューブを付けたり積み木を重ねたりしてビー玉転がしを楽しんでいる子供さんがいます。

 

 

 「ピタゴラスイッチ作ろう~」と誘って

きてくれるのですが、まだ今はビー玉転がしの段階です。

 

 「この部分はもう少し高くした方が・・」とか、

「ここにガムテープ貼ろう」とか、

一緒に作る子供さん同士で相談しながら作っていました。

 

出来あがったおもちゃで遊んでいる時よりも

生き生きとした表情でした。

 

出来あがった物は、

「また作れるように設計図を残したい!」というので

写真を取りました。

 

 

子供が自分で工夫して作り上げる遊びこそ

本物の遊びで学びにつながると思いました。

 

どんなお子さんもそうですが、自分で考えて工夫し、

物事を作り上げていくことが社会に出ても

生きる力につながるのではないでしょうか。

 

「何かしたい!」と思った時にどうやったら

そこにたどり着けるか、試行錯誤することが

大事なのだと思います。

 

 

 つくば市のこどもプラス教室では、土浦から送迎で通われている子供さんが増えてきました。

 

是非、いちど見学にきてください。

 

 

こどもプラス つくば教室

代表 柳沢弘樹

 

 

今すぐ電話
フォームからお問い合わせ