今日の職員研修は学習障害についての勉強会をしました。

今日は学習障害についての勉強会を行いました。

学習障害は、知能の遅れはなく、

ある特定の能力についての習得が苦手というものです。

文字は問題なく読めるのに、計算はまったくできなかったり、

会話は流暢にできるのに文字を書くことが苦手だったり様々です。


発達に部分的な偏りがあるだけなので、苦手な分野もわかりやすく

繰り返し学習することでだんだん追いついてきます。

他の分野では問題がないので、本人の自尊心を傷つけない配慮をしながら

指導していくことが大切です。


運動も学習も小さなステップアップを目指すことで

自己肯定感が養われるので、その子に合わせた方法で

苦手なところを少しずつ減らしていけるように

サポートしていきたいと思います。


子どもが社会で生きていくのには様々な知識や能力が必要です。

運動遊びで楽しく体を動かしながら、

自然にそんな“生きる力”が身についたら、

こんないいことはありませんよね。

これからも、子どものことを1番に考える教室として活動していきたいと思います。