今日の職員研修会では、アスペルガー症候群について勉強会をしました。

今日は、アスペルガー症候群についての勉強会を行いました。

アスペルガー症候群は、知的な遅れと言葉の遅れがない自閉症の一種です。


強いこだわりや、コミュニケーションが苦手で空気が読めないなどの症状が

あるので、お友達は戸惑ってしまうこともあります。

興味が偏っているので、自分の興味がない話はまったく聞かないのに、

興味がある話は相手が嫌がっていても延々としてしまったり。


認知(脳への入力)もコントロール(出力)もうまくできないので、

状況がわからず、空気が読めないという行動につながってしまいます。

知能や言葉に遅れがないので、軽視されてしまうこともあるようですが、

治療も療育も必要な疾患です。


発達障害には、楽しく運動して脳機能を上げる療育活動を行うのが

効果的だということがわかっていて、

これによって日常生活もぐんとしやすくなります。

そして、私たちの教室で指導者やお友達とコミュニケーションをとることで、

社会性も身に付いてきます。

その子の特性をしっかりと見極め、より効果的に能力が伸ばせるような指導を

これからもしていきたいと思います。