カンガルー跳びで縄跳びの練習です。療育的な運動支援と学習サポートを提供するこどもプラスの教室。

今日は、運動療育プログラムの「カンガルー跳び」のご紹介です。

カンガルーのように跳びはねる遊びで、

跳躍力が身に付き、縄跳びの練習になります。


ポイントは、手は胸の前に持ってくること、

両膝をくっつけてジャンプすることです。

跳んでいるうちに膝が離れて足がばらばらになってしまうので

”魔法ののり”をつけて足をくっつけておきます。


みんなで並んで跳んだりしますが、

前のお友達を抜かしたりすると危ないので、

最初にお約束してから始めます。


現代の子どもは足首や手首の弱さも目立つので、

こんな遊びから自然に力を身につけられるように

運動支援に力を入れています。