ウシガエル跳びで跳び箱の練習です。療育的な運動支援と学習サポートを提供するこどもプラスのつくば教室です。

今日は、運動療育プログラムの「ウシガエル跳び」のご紹介です。


これは、跳び箱を跳び越す動きにつながる遊びです。

ウシガエルは大きなカエルなので、

小さなカエルさんのようにぴょんぴょん跳ぶのではなく、

大きく跳ぶようにして遊びます。


両手をパーにして前についたら、その手よりも

足が前に出るように着地します。

腕にかかる負荷が小さなぴょんぴょん跳びよりも大きくなるので、

腕の支持力が発達します。

この支持力は転んだときなどに体を支える力なので、

日常生活でも大きく役立つ力です。


基礎的な力を、体育指導のように行うのではなく、

動物になりきって楽しく遊びながら身につけられるので、

子供も積極的に取り組めるようになっています。