さつまいもごろごろで前転の練習です。療育的な運動支援と学習サポートを提供するこどもプラスの教室です。

今日は前転につながる運動遊び「さつまいもごろごろ」のご紹介です。

いきなり前転をやらせるのではなく、

簡単な転がる遊びから段階を追って練習していきます。


床に寝転がって手は上にまっすぐ伸ばし、

目線はその手の先を見るようにします。

足もまっすぐぴんと伸ばしたら、横にごろごろ転がります。

手足が曲がると進行方向が曲がってしまうので、

先に良いお手本と悪いお手本を見せて、

子ども達にわかりやすく伝えています。


さつまいもができたら「じゃがいも」にも変身します。

体操座りの姿勢で両手で足を抱えて、

そのまま横にごろんごろんと転がります。

さつまいもより大きな動きになるので楽しいです。


マット運動も楽しく転がることから始めると

抵抗を持つことなく取り組めるようになります。