大縄跳びの練習です。療育的な運動支援と学習サポートを提供するこどもプラスの教室です。

子供に運動を提供するときは、まず一番に楽しくできることが大切です。

楽しく運動すると脳が活性化し、その後の集中力などがアップします。

 

今日は大縄跳びの練習のご紹介です。

床に四角を書いて、その中に子供を立たせます。

そのとき体を縄の方に向けると四角からはみ出しやすいので、

回し手の先生のほうを向いて跳ぶようにします。

縄は大きく回して子供のジャンプのタイミングに

合わせてまわすようにしています。

 

四角を意識しながら縄をよく見て跳ばなければいけないので、

とても頭を使いながら遊べます。

たくさん遊んで大縄跳びが好きになれたらいいですね。