のれん押しクマで走るのが速くなる!療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

子ども達の遊びが外から中に変化してきたことで、

全体的に体力が落ちているといわれていますが、

地面を足で踏ん張ることも経験する機会が減っています。

足で踏ん張ることで足の親指の力がつき、

地面をつかむ感覚が身に付くので、速く走れるようになります。

 

今日ご紹介する「のれん押しクマ」を、

裸足になってやることでこの足裏の親指の力が養われます。

 

 

まずは鉄棒にマットを干すようにしてかけます。

このマットの下をクマさん歩きでくぐっていきます。

マットは重たいので、頭で押しながら

足でしっかり地面を蹴って踏ん張らなければ進みません。

力がつきてひざがついてしまう子もいますが、

だんだん足裏で踏ん張れるようになるといいですね。

来年の運動会に向けていまからがんばってみましょう!