方向ジャンプゲームで判断力強化!療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室。

子どものケガを防ぐには、普段から体を動かして力をつけること、

体の動かし方を知っていることも重要なことです。

手首や足首を使うような動きもあまりしていないので、

跳び箱で手首を傷めたり、足首を痛めたりすることも

最近では多くなっています。

痛みを感じたことで子どもはさらに嫌になってしまうので、

普段から適度に体を動かし、柔軟にしておくことが大切です。

 

楽しく体を動かすことで集中力も上がり、

脳が活性化するのでその後の学習にも良い影響を与えます。

 

今日は「方向ジャンプゲーム」のご紹介です。

子どもと先生と向かい合って立ち、先生が

「前」「後ろ」「右」「左」と指示をだします。

子どもは指示された方向にジャンプします。

最初は「前」「後ろ」だけで、慣れたら「右」「左」も入れます。

時々ひっかけを入れたりすると、

判断力や聞く力も刺激され、さらに楽しくできます。

道具は必要ないので、お家でも簡単にできますね。