いじわる縄跳びで大縄跳びの練習です。療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

小学校に上がると、ほとんどのところで大縄跳びをやると思います。

短縄跳びと違い、人が回しているところにタイミングを見極めて入るので、

恐怖心もあったりして、なかなか難しい子供もいます。

運動は一度恐怖心を持ってしまうと

それを克服していくことはとても時間のかかることなので、

恐怖心を持たないように段階を追って練習し、楽しくできるといいですね。

 

今日ご紹介するのは、大縄を使った「いじわる縄跳び」です。

この遊びでは大縄は回しません。

大縄の片方を椅子や柱にくくりつけて固定します。

もう片方を回し手が持ち、大きく揺らして大波にしたり、

小さく揺らして小波にしたりします。

床にはテープなどで四角いスペースを作っておき

子供はその中から出ないように跳びます。

回し手をよく見ないと大きさの違う波にひっかかってしまうので、

回し手の動きを良く見て、四角を意識しながらジャンプします。

慣れてきたら跳びながら簡単なクイズなどをしても

 

楽しくできるので盛り上がります。

集中力や判断力など、日常生活に必要な力が育ちます。