カエルのひと休みで跳び箱の練習です。療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室。

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。

 

子ども達の遊びも時代とともに変化し、

お正月でも外で遊ぶことは少なくなりました。

外で遊ぶことはいろいろな力を育ててくれますが、

現代では遊ぶ場所も減り、子供だけで外に出すことに

抵抗がある保護者も多いことから外遊びは減る一方です。

でも、体を動かすことは発達時期の子ども達にとって

とても大切なことなので、室内遊びなどで補ってあげたいですね。

 

今日は跳び箱を跳ぶ練習の、「カエルのひと休み」のご紹介です。

跳び箱の上に大きなカエルに変身して跳び乗る遊びです。

跳び箱についた手の横に両足がくるように意識して乗ります。

足の位置を前に持ってくる感覚を身につけることで

跳び箱の開脚跳びこしがスムーズに跳べるようになります。

たくさん遊びこんで跳び箱運動を好きになりましょう。