予測じゃんけんで判断力強化。療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室。

じゃんけんをする時は、いつも手を出してから勝ち負けを判断します。

今日ご紹介するのは、予測じゃんけんなので、

相手が出す手をヒントから想像し、それに勝つ手や負ける手を考えて出します。

 

勝つほうが簡単なので、最初は先生の手に勝つものを出します。

「先生はグーを出すよ。勝つ手を出してね!」と言って

パーが出せたら正解です。

慣れてきたら、負ける手を出せるようにやってみます。

 

大人でもたまに混乱してしまうこともありますが、

繰り返しやることでできるようになります。

いつもと違うことをするだけで、脳は活発に働きます。

そして、物事を判断するのには脳の前頭前野を使うので、

ここの働きも活性化します。

前頭前野は判断力の他にも、集中力、抑制力、やる気を起こす

などのことを司っているので、特に活性化したいところです。

 

たくさん運動遊びをして脳活動を活発にし、

生活力向上を目指していきたいと思います。