語彙力と理解力の発達に「積み木拾い」です。療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室。

子ども達の言葉の発達は、今まで育ってきた環境もありますが、

やはり遊びの中から育っていく部分も大きいので、

語彙力を刺激するような取り組みもたくさん入れていけると

とても良いと考えています。

 

今日ご紹介する「積み木拾い」も

いろいろな言葉や表現で遊んでいきたいと思います。

まず、色や形の違う積み木などを複数用意し、

最初は簡単に、畑に収穫にきた設定で

「赤くて丸い野菜を1つとってきてね。」

慣れてきたら

「緑色で三角の野菜1つと、黄色で細長い果物を2つ」

など条件を増やしてみます。

さらに少しひねった言い方にするともっと語彙力の刺激になります。

 

子ども達の様子を見ながら、どのレベルが一番楽しめるかを決め、

わくわくして楽しめるような取り組みにしていきたいと思います。