ジグザグ走りで体を器用に動かす力をつけます。療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラス つくば教室。

療育的な運動支援と学習サポートを提供するこどもプラスつくば教室です。

 

子ども達に身につけてほしい力の一つに、

体のどこをどう動かしたらこの動きができるのか、

どのくらいの力でやったらいいのかなど、

自分の体をうまくコントロールするという力があります。

自分の体が今どういう状態になっているか

イメージすることも大切な能力です。

これらを育てるには、厳しいトレーニングではなく、

私たちが提供している運動遊びを使った活動が効果的です。

子ども達は楽しさを感じながら学んだことは

とてもよく身に付きます。

日々の療育活動が子ども達にとって楽しい時間になるように

毎日活動していきたいと思います。

 

今日は、「ジグザグ走り」のご紹介です。

名前のとおり、ジグザグのコースを作って、その中を

両手を広げて走っていく遊びです。

コースを視覚で捉えて、はみださないように

体を傾けながら方向転換していきます。

方向転換するには腹筋背筋の力も必要になります。

そして、特に必要なのが足の指先の踏ん張る力です。

これらの力を養うことで器用な体の動かし方が

できるようになっていきます。

体が上手に動かせるようになると

動くことが楽しくなるので、さらに良い循環になっていきます。