体の静と動のメリハリをつける「だるまさんが転んだ動物バージョン」。療育的な運動支援と学習サポートを行うつくばの発達支援教室。

療育的な運動支援と学習サポートを提供するこどもプラスつくば教室です。

 

放課後等デイサービスで提供している運動プログラムの中には、

動くだけでなく、止まる要素を多く取り込んだものもあります。

動くことは意識しなくてもできますが、

止まることは意外に難しいもので、

それに必要な筋力やコントロール力をつけるのも大切なことです。

 

楽しい運動療育でやる気や達成感を感じながら、

脳の前頭葉を活性化させていきましょう。

 

今日は「だるまさんが転んだ(動物Ver)」です。

だるまさんが転んだという遊びはご存知の方も多いとおもいますが、

通常のルールではなく、今までやったような動物になって

スタートからゴールまで歩いていくやり方です。

指導者の「だーるーまーさーんーがー転んだ!」の声に合わせて動き、

声が止まったらピタッと止まれるかがポイントです。

腕や足の筋力も必要ですが、

早くゴールに行きたい気持ちを抑えて止まっていられることが大事です。

 

この遊びでは抑制の要素が強くなるので、間には

バーっと動いて発散できるような動きを入れたりもします。

いつもワクワクして遊べるようにしていきたいと思っています。