「おつかいカンガルー」で足に意識を向け続けられるようにします。療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室。

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスです。

 

いつも行っている運動プログラムの中の、

跳躍力をつけるためのカンガルージャンプは

足をくっつけてジャンプすることがポイントです。

でも、子ども達は跳んでいる間にそのことを忘れてしまいます。

そこで、足をくっつけることを意識できるように

膝の間にお手紙を挟んで運んでもらいます。

紙だと薄くて難しい場合は、ハンカチやタオルで行います。

 

挟んだお手紙を落とさないようにすることで、

足を閉じてジャンプし続けることがしやすくなります。

継続的に取り入れることで、自然にできるようになります。

自然にできるということが、子ども達に無理がなく

とても良いと思います。

こうして少しづつ確実に力をつけていきたいと思います。