足を開いたカエルジャンプで跳び箱の練習です。療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラス つくば教室。

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラス、つくば教室です。

 

保育園や学校でも行う跳び箱は、苦手意識を持ってしまうと

なかなか克服できません。

一度恐怖心を持ってしまうとなかなか乗り越えられないので、

そうなる前に必要な力とコツを身につけられると良いですね。

 

今日は「カエルの跳び乗り」で跳び箱の練習です。

カエルさんは足を開いてしゃがみ、手をくっつけて中につき、

手足同時にジャンプしながら進んでいく動きです。

これで跳び箱まで進んでいったら、

跳び箱のできるだけ奥の方に手をつきます。

 

そしたら膝を曲げて体重を後ろに下げて、

「1.2の3!」で足を大きく開いてジャンプして、

足の裏で跳び箱の上に乗ります。

跳び箱の上でカエルさんのポーズになれたら

ジャンプして跳び下ります。

 

 

低い高さから始めて、安全に配慮し、

動きが心配な子にはしっかり補助についていますので、

ご安心ください。