腕の力をつけて鉄棒の練習と怪我防止に。療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室。

現代の子ども達は、昔のように木登りなどをすることが減っています。

昔の子ども達が遊びの中で身に付けていた力が

今の子ども達は意識的に行わなければ身に付きません。

基礎的な力がついていないと、ちょっとしたことで

すぐに怪我をしたり、危険を回避することができません。

ぜひ、日々の運動遊びでたくさん体を動かして、

体も心も脳も育っていってほしいと思います。

 

今日は腕を引き付ける力をつける「レスキュー隊」です。

床から30センチくらいの高さに縄を張って、

その下に仰向けで入り、縄を持って手の力で登っていきます。

手を交互に体の方に引き付けて、縄をたぐり寄せるようにします。

スムーズにできるようになったら、

だんだんと速く進めるようにしていきます。

普段はしない動きなので、とても楽しみながら遊べます。