連続ジャンプの練習で縄跳びが上達します。療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラス つくば教室。

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

縄跳び遊びは、連続ジャンプが上手にできることが

まず重要なポイントです。

その場での連続ジャンプができないと、

短縄跳びも大縄跳びも続かないのでうまくいきません。

まずは回っていない縄をよく見て跳ぶことで練習をしていきます。

 

やり方は、大縄を回さずに左右に揺らします。

子ども達は縄の真ん中で跳べるように、

床に四角い枠を作っておき、そこから出ないようにします。

リズム良く連続でジャンプするためには、

足を閉じて、腕振りもしながら跳ぶことが大切になります。

足を閉じることを最後まで意識しながら跳ぶことは難しいので、

膝の間にタオルや紙などを挟みながら跳ぶと

足を閉じることが意識しやすくなります。

 

このように、いきなり回っている縄を跳ぶのではなく、

いくつかの段階を追っていくことで

確実にステップアップしていくことができます。