素早い判断力を身に付ける「へびとカラス」です。療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室。

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

物事を素早く判断できることは、とても重要な力です。

でも、訓練なしにはなかなか早く判断することが

できるようになりません。

ただ、「訓練」では子ども達は飽きてしまったり

続けて取り組んでいくことができないので、

あくまでも遊びの中で力の発達を促していきます。

 

今日は「へびとカラス」という遊びのご紹介です。

2人の指導者が縄の端を持って、子どもの前に立ちます。

そして、「へびがきたぞー!」と言ったら

縄を子どもの足元をすくうように動かすので、

子どもは当たらないようにその場でジャンプします。

「カラスがきたぞー!」と言ったら

縄が子どもの頭の上を通るので、しゃがんで避けます。

これを、前から後ろから繰り返し行います。

最初はゆっくり、慣れてきたら速くしたり、

へびとカラスをランダムにしたりします。

 

しっかり声を聞いて、縄がどっちにくるのか判断し、

素早く体を動かせるようにしていきます。

子ども達がとても楽しく喜んでくれる遊びなので、

いろいろ工夫しながら一緒に遊んでいきたいと思います。