人をよく見て考えることで社会性などを育てます。療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

子どもの社会性やコミュニケーション力を育てるためには

模倣遊びが効果的ですが、人の動きや表情から

相手の言いたいことを理解するトレーニングもとても重要です。

 

今日は「口パクジェスチャー遊び」のご紹介です。

名前の通り、先生が口パクとジェスチャーだけで何かを伝えるので、

子ども達はその内容を口の動きとジェスチャーから読み取って答えます。

内容は「たくさん動いたからお腹がすいちゃったなー」

「先生のおやつがなくなっちゃった!」などで、

大げさにジェスチャーをして見せます。

 

人をよく見て、言いたいことを理解しようとすることで脳が活性化します。

最初はわからなくても、口の動きとジェスチャーをよく見て

考えようとすることがとても大切です。

人をよく見て人に興味を持つこと、動きや表情から

何を伝えたいのかを考えるということが力を育てます。

 

少しづつ、確実に能力アップをしていきたいと思います。