お友達と動きを合わせる「救急車片足クマさん」です。療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

人に意識を向けることは子ども達の心と脳の発達を促進します。

運動遊びにもその要素がたくさん含まれています。

楽しく効果的な療育で子ども達を応援していきます。

 

今日は運動プログラムの「救急車片足クマ」のご紹介です。

2人ずつペアになり、1人は前で片足を上げた片足クマになります。

もう1人がは後ろに立ち、その足を持ちます。

そして手押し車のように前に歩いていきます。

この時、後ろの子は自分のペースで歩かずに、

しっかり前の子を見てペースを合わせることがとても重要です。

慌てて強く押してしまうと前の子は顔から転んでしまい、

遅れすぎても持っている足を落としてしまいます。

 

自分だけでなくお友達にしっかり意識を向けて

動きを合わせることができるようにしていきます。

最後に足を下ろすところまで丁寧にできたら完璧です。

1つ1つのことを覚えていて、意識しながらできるように

毎日の活動の中でも行っていきたいと思います。