動きながら考えることで脳を活性化させます。療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラス つくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

体を動かしながら頭を使って考えることは

脳を活性化させてくれます。

運動療育プログラムの中にはそういった遊びがたくさんあります。

ただその動きを行うだけではなく、

考えることもプラスすると、より効果的な活動になります。

 

今日ご紹介するのは「イメージ縄跳び」です。

動きは通常の大縄跳びですが、跳びながら質問に答えます。

質問内容は、最初は簡単なものにし、

だんだん「赤い食べ物を2つ」「白いものを3つ」

など少し考えなければ答えが出ないものにします。

3つになるとすぐには出なくなってくるので、

跳ぶことが苦手な子には縄を回さない小波跳びにしたり、

ヒントを出したりもします。

できるだけ自分の力でがんばって、子どもの「できた!」に

つながるように気をつけています。