ウルトラマンジャンプで大きな跳躍をして遊びます。療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室。

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

ジャンプ運動は第二の心臓といわれている

ふくらはぎの筋肉を刺激するので、とても良い運動です。

子ども達が普段の生活の中で大きなジャンプをすることは

あまりないことだと思うので、放課後デイの運動遊びの時間には

ジャンプ遊びもたくさん取り入れています。

 

今日ご紹介するのは「ウルトラマンジャンプ(島ジャンプ)」です。

床にマットを少し間隔を空けながら何枚も並べて置きます。

そのマットの上だけをジャンプしながら渡っていきます。

大きなジャンプをするためには、

膝を曲げて腕を前後に振りながら

腕が前に来たときに膝のバネをうまく使って跳びます。

着地も膝のクッションを上手に使って両足を揃えた

きれいな着地ができるととても良いです。

尻もちをついたり、ふにゃっと膝をついて着地したりすると、

足や腹筋に力を入れた着地にならないので、

着地までしっかり意識してできると良いと思います。

 

また、マットとマットの間隔を50センチや80センチなど

ランダムにすることで、跳ぶ前に頭の中で動きのシュミレーションが

行われ、頭を使いながら運動することができます。

細かなところまで工夫して、より効果的に、

より楽しく活動できるように意識していきたいと思います。