体の見えない部分も意識して身体周辺感覚を身につけます。療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

放課後デイに通っている子ども達の中には、

イメージすることが苦手な子もいます。

目に見えないものを想像して認識することは

とても高度な能力ですが、訓練することで次第に身に付いていきます。

いろいろな遊びで力をつけていきましょう。

 

これからご紹介する「障害物くぐりワニ」は、

動きは腕の力をつけるためのワニさん歩きですが、

途中にある縄で作った障害物の下を、

縄に当たらないように気をつけながらくぐっていく遊びです。

ワニさんはうつ伏せの状態で手を引き寄せて進んでいくので、

縄をくぐる時に頭やお尻、足など見えないところも

縄に当たらないように意識しながら行う必要があります。

 

自分の体が今どんな形になっているのか、

縄に対してどの位置まで進めているのかなども考えます。

最初から全てを意識することは難しいですが、

繰り返し行うことで徐々に感覚をつかむことができます。

苦手な子には、それぞれに合った補助を行いながら

無理なく楽しくできるようにしていきたいと思います。