平均台遊びで視野を広げて動く練習です。療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室。

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

自閉症の子ども達は、見え方、聞こえ方、感じ方が違います。

見え方では、かなり狭い範囲しかはっきり見えていないので、

話しかけるときや、見てほしいものを示す時などは

その点に気をつけて声をかけることがポイントです。

 

今日ご紹介するのは、平均台を2本縦に並べて、

その上から落ちないように渡っていくという遊びです。

少し高さがあり、しかも狭い足場の上を歩くためには

両腕を広げてバランスを取りながら、

足の親指に力を入れて足をつく位置を確認しながら

進むことが必要になりますが、

この時に目線を足元ばかりに向けてしまうと

バランスを崩してしまいます。

高さに怖さがある場合は、特に目線が下に行きがちですが、

時々目線を上げて数メートル先も見るようにすると、

バランスを崩しにくくなり、広い視野で動く練習になります。

 

特に高さが苦手な子は手をつないで歩いたり、

少し支えてあげながら怖がらずにできるようにします。

環境調整などもしながら一人一人が無理なく遊べるように、

常に気を配りながら活動しています。

そして、自分の考えや気持ちをしっかり言葉で伝えることが

できるようなことも意識しながら行っていきたいと思います。