全身のクッション性を高める遊びの「カエルの縄越え」。療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

今日ご紹介するのは、運動遊びの「カエルの縄越え」です。

カエルの動きは、主に腕の支持力や足の跳躍力をつける遊びですが、

縄をプラスすることで、空間認知や先を見通す力も育ちます。

そして、しっかり最後までカエルの姿勢を崩さずに行うことで

集中力や抑制力なども育ちます。

また、カエルさんの姿勢で縄を跳ぶためには、

足の指先から膝、腰というように力を連動させる必要があります。

これで上半身と下半身の連動性が高まり、

全身のクッションを上手に利用して運動することができます。

 

全身を上手にコントロールして動けるようになると、

さらに動きの幅が広がり、できることが増えます。

あれもこれもできるようになると、どんどん運動が楽しくなり、

ますます脳を活性化させていくことにつながります。

いつの間にか運動能力が上がり、

日常生活のレベルも上がっていくような療育を行っていきたいです。