体幹の力をつけると姿勢が良くなります。療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

姿勢を維持するためには、腹筋背筋といった体幹の力が必要です。

この体幹の力が未熟だと姿勢が維持できず

背中が丸まってふにゃふにゃしてしまったり、

いつもどこかにもたれかかっているようになってしまいます。

運動療育プログラムの中には腹筋背筋を育てるものが

たくさん入っているので、継続して遊んでいるうちに自然と力がついてきます。

 

今日は腹筋背筋をつけるための遊びとして

「りんごぶら下がり」をご紹介します。

鉄棒につかまってぶらさがったら、足を曲げて持ち上げます。

りんごのように丸くなれるように、できるだけがんばってみます。

最初はなかなか高く足があがらない子も、

繰り返し遊びの中に取り入れていくことで少しずつ

足の上がる位置が高くなってきます。

 

体幹力をつけることは、骨格のズレを予防、修正して

体全体のバランスを良くしてくれることにもつながります。

健康維持のためにも、子どものうちから体幹を意識した

動きを取り入れていきたいと思います。