カンガルーで連続ジャンプが上達します。療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラス つくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

保育園や幼稚園、小学校で行なわれる運動の定番の縄跳びは、

一定の場所で連続してジャンプし続ける動きです。

子ども達にとって、同じ場所で連続して跳び続けることは難しいので

まずは基本の形を習得することが大切です。

 

連続ジャンプをするためには、足がバラバラにならないように

両足をくっつけたジャンプをすることがポイントです。

その練習になるのが運動プログラムの「カンガルージャンプ」です。

両足をぴたっとくっつけて手をお腹の前に持ってきたら、

そのまま膝を曲げてジャンプして進んでいきます。

ジャンプも着地も足をくっつけて行なうことで

連続ジャンプが安定してできるようになります。

 

基本の動きは遊んでいるうちに忘れてしまいがちなので、

時々振り返りながら最初に戻って遊んでみたりしながら

確実に力になるようにしていきたいと思います。