身体地図、柔軟性を養うブリッジです。療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラムの中にはブリッジもあります。

ブリッジは、普段と違う体勢で体を支えるので

その形を作るときにイメージ力が刺激されます。

まず、仰向けになって両手を耳元についたら

お腹を天井に向かって突き出すようにしてブリッジをします。

顔は、天井を見ていると体がつぶれてしまうので、

手をついているマットの方を見るようにします。

 

ブリッジの動きは、手をつく方向や位置を考えたり

足や力の入れ具合をどうすれば良いか考えながら行なうので、

身体感覚がとても養われます。

いつもと違う動きで理解が難しい場合は、

腰を持ち上げてあげたり手や足の位置を補助します。

柔軟性や、腕、足の指先の力なども育つ動きなので、

活動の中に時々取り入れていきたいと思います。