線渡りで体のコントロール力を養います。療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

子ども達がバランス力や体をコントロールする力をつけることは、

安定した歩きや怪我をしない体を作ることにつながります。

日常生活ではあまり行なわない動きをすることで

積極的に力の発達を促していきたいと思います。

 

「線渡り」遊びは、床に1本の線を作りその上から

落ちないように歩いていく遊びです。

両手を広げてバランスを取りながら歩いて行きますが、

手と足の両方に意識を向けなければバランスを崩してしまいます。

そして、目線も足元ばかり見ているとやはりバランスを

崩してしまいやすくなるので、少し先も時々見ながら歩くことが

上手に歩くポイントになります。

 

バランスを取るために足の指先でしっかり踏ん張り、

腹筋背筋も使いながら歩くことで、

体のいろいろな部分を発達させることにつながります。

集中力や空間認知の力もつくので、

シンプルですがとても良い動きの遊びです。