子ども達の腕の支持力を育てるクマさん歩きです。療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

現代の子ども達に足りないといわれている力には

支持力、懸垂力、跳躍力という力があります。

これらの力を効率的に、かつ楽しく身につけられるのが柳沢プログラムです。

中でも支持力は、跳び箱や側転をするときに一番必要になる力です。

そして、支持力をつけておくことで何よりも

転んだときの顔や歯への怪我が減ります。

万が一転んでしまっても、腕でしっかり体を支えることができれば

顔をぶつけずに済むのです。

子ども達を怪我から守るためにも、支持力をしっかり育てていきたいです。

 

支持力をつけるための一番基本の遊びはクマさん歩きです。

ハイハイの姿勢から膝とお尻を上げて

クマさんのように大きな動きで歩く動きです。

顔が下を向いていると壁やお友達にぶつかってしまうので、

しっかり前を向いてのっしのっしと歩きます。

ちょっとした時にもこの動きを入れていくことで

腕の支持力がしっかりつきます。