「大きいウシガエル」で跳び箱を跳ぶ動きに近づけます。療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラムの「ウシガエル」は、

跳び箱の開脚跳びにつながる動きの遊びですが、

「大きなウシガエル」に挑戦することでさらに跳ぶ動きに近づけます。

通常のウシガエルでは足を開いてしゃがんだら、

両手を前について、その手の横に足を持ってきますが、

大きなウシガエルでは足を手よりも前に持ってきます。

そうすることで、さらに腕にかかる負荷も大きくなり、

動きも跳び箱を跳び越す動きに近くなります。

 

足を手よりも前に出すことで、前のめりに倒れそうになりますが、

腕でしっかりと体重を支える力を養っておくこと、

跳び越す感覚を覚えることがねらいです。

平地でこの動きができると、実際に跳び箱を跳ぶときも

抵抗なく挑戦することができるので、

安全にも気をつけながら行なっていきたいと思います。