縄跳びは大縄跳びから習得するとスムーズです。療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

縄跳びには短縄跳びと大縄跳びがありますが、

レベル的には短縄跳びのほうが難しいので

大縄跳びから始めるとスムーズに習得できます。

大縄跳びでも、最初から回っている縄の中に飛び込むのは

なかなか勇気が要ることなので、まずは縄を回さずに

ゆらゆらと左右に揺らして、跳ぶ練習をします。

 

子どもは縄の真ん中辺りに入り、縄が足元にきたら跳びます。

リズム良く連続したジャンプをするためには、

体を回し手の方に向けて同じ場所で跳ぶことが重要です。

縄に集中しすぎて縄の方向に体を向けてしまったり、

縄のくる方向に向かって進んでしまったりすると

連続したジャンプが難しくなります。

その場でジャンプし続けられるように、

足元にテープで四角い枠を作ったりしながら

同じ場所でジャンプすることを意識付けて行います。

 

タイミングよく縄を跳ぶことと、同じ場所で跳ぶこと、

体の向きなどいろいろなことを一度に考えながら行なうのは

なかなか難しいことですが、

遊びとして取り入れることで習得がスムーズになります。

頭と体をたくさん使って、運動遊びをしていきたいと思います。