「なぞなぞコウモリ」でより強く考える力を養います。療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラムの「なぞなぞコウモリ」は、

鉄棒で逆さまになるコウモリの姿勢でなぞなぞに答える遊びです。

私たちは、逆さまになった状態ではいつもと同じように

判断することができなくなります。

そこで、この遊びで逆さまの状態で考えることで

より考える力、判断力、イメージ力を上げていくことができます。

 

なぞなぞの他にも絵カードを使ったり、しりとりをしたりしますが、

難しすぎると疲れて落ちてしまうことにつながるので、

少し考えて答えられる程度の内容を選んで行ないます。

答えた後、鉄棒から降りるときに落下しやすいので

最後まで補助に気をつけて遊ぶようにしています。

 

逆さ感覚に慣れるとともに、脳力も上げていきたいです。