2つの動きを連動させて先を読む力を育てます。療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

子ども達につけていってもらいたい力の1つとして、

先を見通したり、次の流れをイメージした行動ができる力があります。

先を見越した動きができることは、運動の場面でも

日常の場面でもあらゆる場面で役に立ちます。

これは本人にとっても楽になる部分がありますので、

少しずつ育てていけると良いと思っています。

 

2つの動きを組み合わせて連続で行なうことで、

先をイメージして動く練習になる

「ゆりかごからロケットジャンプ」という遊びがあります。

仰向けになって膝を曲げて背中を丸めたら体を前後に揺らし、

反動をつけて一気に起き上がり、そのままロケットのように

真上にジャンプをするという遊びです。

 

連続して行なうことで動きをイメージしながら

だんだんスムーズにできるようになってきます。

まずは一連の動きの流れを理解、記憶してから

それを引き出しながらスムーズに行なえることを目指して

練習していきたいと思います。