出す手を予測するじゃんけん遊びです。療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

今日ご紹介する遊びは「予測じゃんけん」です。

普通のじゃんけんと違い、先に指導者がこれから出す手を伝え、

子ども達はそれに”負ける”手を考えて出します。

勝つのではなく負けることで判断力や抑制力が育ちます。

最初のうちは「パーを出します。」と伝えますが、

徐々に「パーとグーを出したので、次はそれ以外の手を出します」

としたり、声を出さずに口の動きだけで表現したり、

子ども達が少し考えられるような出し方にしていきます。

もちろん、わからない場合にはヒントを増やしていきます。

”負ける”ということも忘れてしまったりするので、

時々確認しながら遊びます。

 

慣れてきたら足のじゃんけんにしてみたり、

体全体で出すじゃんけんにしてみたり、

いろいろな方法で楽しく遊んでいきたいと思います。