高所感覚を身につけて鉄棒や跳び箱の練習です。療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

跳び箱遊びには、跳び越すだけでなくいろいろな遊び方があります。

開脚跳びのような跳び越す動きを最初から行なうのではなく、

まずは跳び箱の高さに慣れていくことから始めます。

高所感覚をつけておくことは、鉄棒遊びの力にもなります。

 

高所感覚を育てる遊びの1つ、跳び箱によじ登って

後ろ向きで降りるという遊びをご紹介します。

跳び箱の高さは子ども達に合わせて調節します。

手をひきつけながら跳び箱の上によじ登り、

上についたら膝をついた四つんばいの姿勢で向きを変えます。

足を後ろに向けたら、足から降りていきます。

下までの距離をはかりながら、バランスを保って

足の指先に神経を集中させて降りていきます。

 

怖い場合には高さを低くしたり、補助につきます。

少しずつ高さを上げていったり、高さだけでなく

素早く降りるというような敏捷性といった力も

全ての遊びを通して育てていきたいと思います。