腕の引き付ける力を養う「うつ伏せレスキュー隊」です。療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

子ども達が木登りなどをして遊ばなくなった現代では、

子ども達の腕の力がとても弱くなっています。

放課後等デイサービスの活動の時間で、

たくさん体を動かし育てていきたいと思います。

 

運動療育プログラムの「うつ伏せレスキュー隊」は

腕の力を使って進む遊びです。

うつ伏せになって縄をつかみ、足はまっすぐ閉じたままにします。

手を交互に動かして縄をたぐり寄せながら前に進んでいきます。

手の力だけでは進めない場合は足も使ったり、

縄を両手でつかんでいる状態で指導者が引っ張ります。

反対に簡単にできてしまう子は仰向けで行なってみたり、

子ども達の力の発達具合によって変えていくことができるのが

柳沢プログラムの魅力です。

 

子ども達に合わせた遊びを、小さなステップアップで進めながら

力の発達を促していきたいと思います。