「ボール足挟み渡し」で人を気遣う練習です。療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「ボール足挟み渡し」のご紹介をします。

友達と2人組みになり向かい合って体操座りのように座ります。

両手は後ろにつきます。

1人が足先でボールを挟むようにして持ち上げ、もう1人に足で渡します。

受け取る方も足で受け取るようにします。

このやりとりを上手に行なえるようにするためには、

お互いに渡す位置、受け取る位置を考えてあわせることが大切です。

相手までの距離が遠すぎたり、高く上げすぎたり、

相手が受け取る前に足をボールから離してしまったりすると

スムーズに受け渡すことができません。

 

なかなか相手の立場になって考えることは難しいことですが、

こうした遊びの中で少しずつ学んでいけるように

工夫しながら取り組んでいきたいと思っています。

そして、今後の社会生活で役に立つような力になるように

応援していきたいと思います。