アヒル歩きで音に合わせてリズム良く動く練習です。療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラムの「アヒルの音聞き」のご紹介です。

アヒルさんは、小さなお子さんでもできる遊びですが、

難易度を変えたりアレンジすることで大きな子も楽しめます。

アヒルの姿勢は、足を開いてしゃがみつま先立ちになり

アヒルの真似をしてよちよち歩きます。

これを、タンバリンのリズムに合わせて行います。

タンバリンの音が鳴っているときは歩き、

音が止まったら動きも止めます。

ピタッと静止することがポイントです。

静止するためにはつま先に力を入れて踏ん張り、

腹筋や背筋など全身の筋肉に力を入れなければできません。

これを瞬時に判断して行なえるのが目標です。

 

ある程度できるようになったら、

タンバリンを叩くリズムを変えてみたり、

音を大きくしたり小さくしたり変化をつけます。

その時々できちんと対応できるようにがんばっています。