「さるのボール投げ」で逆上がりの練習です。療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「さるのボール投げ」のご紹介です。

鉄棒で逆上がりをするために必要な力は、

腕の懸垂力、腹筋背筋、足を蹴り上げる力が主なものです。

そして、これら力を育てるのが「さるのボール投げ」です。

 

まずは鉄棒にぶら下がっておさるさんになります。

この時脇を締めて肘を曲げることを意識するようにします。

そして、下に置いてあるボールを両足で挟んで持ち上げ

体を前後に揺らして反動をつけたら前に投げ飛ばします。

できるだけ遠くに投げられるように練習します。

 

次は狙った位置に投げられるように、指導者に向かって投げたり

少し離れたところに置いたかごに入れてみます。

入ったら何点!とゲームにしても楽しめます。

楽しく遊びながら腕や足、腹筋などの基礎筋力を

育てられるようにしていきたいと思います。