「カップの取り合い」で腹筋、足先の器用さを育てます。療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「カップの取り合い」をご紹介します。

友達と2人組みになり、まずはカップを挟む練習をします。

体操座りのように座って両手を後ろについたら、

1人が足の親指と人差し指でカップを挟んで持ち上げます。

そしてもう1人に渡すので、受け取る方も同じように足で受け取ります。

これができたら、取り合いをして遊びます。

 

足の指で物を挟むことは普段の生活ではないと思うので、

頭を使いながら指先に意識を集中して遊べます。

足先から腰までの力を使う動きなので、

足全体の筋力や、腹筋も育ちます。

長時間だと疲れてしまうので、短時間に区切って遊びます。

 

友達と一緒に1つのもので遊ぶことで、

相手を意識しコミュニケーション力も向上します。

友達といろいろなやりとりができれば良いなと思います。