「クマ忍者」でより強い腕の力を育て側転の練習です。療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラムの「クマ忍者」のご紹介をします。

これは、腕で体を支える支持力を身に付け、

側転の動きにつながる横跳びで遊ぶ運動です。

まず、マットを2枚用意して間を40センチ程離して並べます。

その間に入って、四つんばいで膝とお尻を上げた

クマさんの姿勢になります。

そしたら手は固定したままで、足だけ右のマットから左のマットへ

左のマットから右のマットへというように横向きに跳びます。

 

ジャンプする時に腕だけで全体重を支えるので、

より強い腕の力が育ちますが、まだ力が十分でない場合は

支えきれずに顔から落ちてしまうこともあるので、

必ず補助につき安全にも配慮しています。

横に跳ぶ時にできるだけ足を高く上げるようにすることで

側転の動きに近づけることができるので、

慣れてきたら足を高く上げることを意識して練習します。

また、前に進んでみたりしながら遊びを発展させていきます。

 

腕の力は使わないとどんどん衰えてしまうので、

継続的に遊んで力を育てていきたいと思います。