「焼いも」で回転する感覚に慣れます。療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「焼いも」では回転感覚を身に付け、

腹筋や背筋も使うので、良い姿勢を作るための筋力もつきます。

 

やり方はマットを2枚用意し、間を40cm程あけて並べます。

2枚のマットの間に入りクマさんの姿勢になります。

クマさんは、ハイハイの姿勢から膝とお尻を上げて前を向きます。

これで、手は動かさずに足だけジャンプして

右のマットから左のマットへ、左のマットから右のマットへと

繰り返し行なっていきます。

慣れてきたらマットの間隔を少し広げたり、

ジャンプしながら前に進んでみたりしながら

できるだけ足を高く上げられるように練習していきます。

 

他にもいろいろな遊びからだんだん側転の動きに近づけていくので

無理なく練習していくことができます。