「カニ歩き」で足を閉じて座るのに必要な筋力を付けます。療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

椅子に座ったとき、背筋が曲がって足が開いてしまっていると

見た目にもだらしがなく、体や脳発達にも良いことはありません。

良い姿勢で座っているために必要な筋力は、

日常的に使わなければ育ちません。

運動遊びの時間に基礎筋力を身に付けていき、

より良い発達を促せるようにしていきたいと思います。

 

「平均台でカニ歩き」という遊びをご紹介します。

平均台は安定するように2本くっつけて並べます。

その上に横向きに乗ったら、手は顔の横でチョキにします。

そしてそのまま横向きのカニ歩きで進んでいきます。

横歩きは足の内股の筋力を刺激するので、

足を閉じるために必要な力が育ちます。

 

そして、手をチョキにする動きをプラスすることで、

2つのことを同時に行なう能力も養われます。

これはいろいろなことにつながっていく大切な力なので、

こうした遊びの中に自然に取り入れていきながら

力をつけていきたいと思います。