「開脚ゆりかご」で強い腹筋を育てます。療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動プログラムの「ゆりかご」は仰向けに寝転がって

足を上げて反動をつけ、一気に起き上がる遊びです。

これを、足を開いた状態で行なうのが「開脚ゆりかご」です。

足を閉じた状態よりも開いているほうが力が入りにくいので、

より強い腹筋の力が必要になります。

足を高く上げて反動をしっかりつけ、

上半身と下半身の力を連動させながら腹筋に力を入れると

手を使わずに一気に起き上がることができます。

 

動きをイメージすることや腹筋に力を入れるタイミングなども

何度も行なうことで身につけていきます。

なかなか起き上がれない子には、反動をつけたときに

背中を少し押してあげて起きられるようにします。

成功体験も大事にしながら、力をつけていきます。