「エントツ」で強い逆さ感覚を育て、動きの幅を広げます。療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

子ども達の逆さ感覚を育ててあげると、

動きの幅が広がりできる運動が増え、自信にもつながります。

逆さ感覚は小さい時期から身につけていくことができるので、

赤ちゃんのうちからその段階に合った動きで

力を育てていくことが大切になります。

 

鉄棒の「コウモリ」や「豚の丸焼き」でも慣れていくことができますが、

「エントツ」では、より強い逆さ感覚を育てていくことができます。

まずは両手で鉄棒にぶらさがって膝をかけたコウモリになります。

そこから足を外して真上に向かってまっすぐ伸ばし、

顎を開いたら完成です。

腕だけでつかまっている状態なので腕の力や握力はもちろん、

足や体をまっすぐにするために腹筋や背筋も育ちます。

強い逆さ感覚とバランス感覚が身に付くので、

補助をしながら徐々に完全な形ができるように練習していきます。