2つのことを同時に行なう器用さを育てます。療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

運動療育プログラム「川の途中でタンバリンタッチ」をご紹介します。

この遊びでは、ジャンプをしながらタンバリンをタッチすることで、

2つの動きを同時に行い、体の器用さを身につけていきます。

 

まずは2本の縄で川に見立てたものを作ります。

この川を足を閉じたジャンプで跳びながら、

川に横で指導者が掲げているタンバリンをタッチして着地します。

ジャンプとタンバリンの両方に意識を向け、

体は前を向きながら横にあるタンバリンをタッチするようにします。

このジャンプ→タンバリンタッチ→着地の一連の動きが

スムーズにできるようになると、跳び箱を跳ぶ動きにつながり、

跳び箱の跳び方も上達してきます。

 

少しずつ上達できるように練習していきたいと思います。