「カウボーイごっこ」で縄跳びの縄を回す練習です。療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室

療育的な運動支援と学習サポートのこどもプラスつくば教室です。

 

縄跳びには短縄跳びと大縄跳びがありますが、

1人で行う短縄跳びのほうが自分で縄を回しながら跳ぶので

難易度は高くなります。

縄を回すことと跳び越すことを両方意識して、

タイミングをあわせなければできません。

そこで、縄を回す動きと跳び越す動きをバラバラにして

練習していくと、スムーズに習得していけます。

 

縄を回す練習の「カウボーイごっこ」をご紹介します。

縄ではなくタオルを使います。

片手でタオルの端を持ち、ぐるぐると回してみます。

回すときは丸く円を描きながら、一定のリズムで回すのがポイントです。

右手も左手もできるようになったら、

次は両手に1つずつタオルを持って一緒に回してみます。

これでもスムーズに同じように回せるようになったら

縄に移行していきます。

順序を追って練習していくと苦手意識を持たずに

いつの間にか習得できてしまいます。